(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆シリア
記事タイトル *反IS武装勢力が欧米接近か
本文テキスト  自らをアサド政権や「イスラム国」(IS)に代わる第三の選択肢であると主張するシリアの武装勢力が存在感を増している。シリア内戦の勃発時から活動していたシリアの反体制派イスラム武装組織「アフラル・シャム(シリアの自由人)」だ。「アフラル・シャム」は、アサド政権を打倒してイスラム法に基づく統治を打ち立てることを目指す点でISと似た思想を持っているが、ISとは敵対関係にある。カタール、サウジアラビアの支援を受け、軍事勢力としては反体制派のなかでもトップクラス。7月10日付の米紙『ワシントン・ポスト』、7月21日付の英紙『デーリー・テレグラフ』(いずれも電子版)などで、同組織の外交担当が、反体制派のイスラム主義勢力の主流を形成するとアピールしており、国際社会での第三勢力としての認知を狙っているとみられる。欧米は、「アフラル・シャム」がアルカイダ系組織と共闘していたことなどを問題視しており、同組織を「穏健派」と認めることは考えにくいと指摘されているが、世俗派の「自由シリア軍」が苦闘を強いられていることなどから、今後支援の対象となる可能性もあるという(毎日7/24)。
Copyright(c) Religious Information Research Center