(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆シリア
記事タイトル *パルミラでの遺跡破壊
本文テキスト  7月2日、シリア遺跡管理当局者は、「イスラム国」(IS)がパルミラの「ライオン像」を破壊したと発表した。ライオン像は石灰岩製で高さ3m、重さ15t。紀元前1世紀に作られたとされ、1977年にポーランドの考古学チームが発見した。ライオン像と合わせて、少なくとも6体の像が破壊されたとみられる(赤旗7/4ほか)。8月23日にはバールシャミン神殿、8月30日にはベル神殿が相次いで破壊されたとシリア人権監視団が発表した。いずれも1世紀頃に建設された宗教施設で、イスラム教成立以前の多神教の太陽神を祀った時代の建築物(朝日・夕8/31ほか)。
 8月18日には、パルミラ遺跡の元管理責任者ハレド・アサド氏(82)が公開処刑された。アサド氏はシリアの文化遺産の保存に一生を捧げたことで知られ、米欧の研究者からは「ミスター・パルミラ」と呼ばれていたという。アサド氏は1ヶ月前から身柄を拘束されており、ISがパルミラ遺物の保管場所を聞き出そうとしていたとみられている(毎日・夕8/20ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center