(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆エジプト
記事タイトル *ムスリム同胞団の解体と変容
本文テキスト  エジプトを中心に活動するムスリム同胞団は、2013年のモルシ政権崩壊まで、同胞団の最高指導者(モルシド)を頂点とする統制されたピラミッド型組織であった。ムバラク政権を退陣に追い込んだ2011年のデモの際は、「イスラムこそが解決だ」というスローガンのもと、その組織力や動員力が注目され、草の根的なネットワークが効力を発揮した。しかし、2013年の軍事クーデター以降、同胞団は解体され、組織はクラスター化している。2013年以降頻発するテロ事件の多くは、組織の統制が効かない数人単位の集団が自律的に行っているものが多いと伝えられる(産経7/23ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center