(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆エジプト
記事タイトル *IS「シナイ州」を名乗りテロ
本文テキスト  7月1日、東部のシナイ半島にて軍の検問所など10ヶ所が襲われる事件が発生し、70人以上の死者が出た。武装勢力は「イスラム国」(IS)の「シナイ州」を名乗っており、襲撃には自動車爆弾やロケット弾が使用されたという。「シナイ州」の前身は「エルサレムの支援者」で、2013年にムスリム同胞団を支持母体とするモルシ政権が倒れて以降、テロを活発化、2014年11月にISに忠誠を誓うと発表した(産経7/2)。7月16日、東部のラファ湾にて海軍の巡視船が同組織から攻撃を受け被弾した。誘導式対戦車ミサイルが使用されたとみられており、リビア、パレスチナなどからシナイ半島への武器の流入が明らかな状況となった(毎日・夕7/17ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center