(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *東エルサレムの聖地で衝突
本文テキスト  9月13日、エルサレム旧市街のイスラム教とユダヤ教共通の聖地で、パレスチナ人とイスラエルの治安部隊が衝突した。衝突が起こったのは聖地内のアルアクサ・モスク。13日はユダヤ暦の新年で、イスラム教徒が聖地を訪れるユダヤ教徒を妨害する恐れがあるとして、イスラエル治安部隊がモスクに立ち入ったことが発端だった。パレスチナ人の一部はモスク内に立てこもり、モスク周辺では抗議するパレスチナ人が投石したが、治安部隊は閃光弾を打ち込んで対抗し、5人を逮捕した。負傷者の数は不明だが、死者は出ていない(赤旗9/17)。イスラム教の犠牲祭最終日とユダヤ教の仮庵祭初日が重なった9月27日にも、聖地で衝突が起きた(赤旗9/28)。エルサレムの聖地をめぐっては、ユダヤ極右政治家による聖地分割要求などで緊張が高まっており、2014年10〜11月にも衝突事件が起こっていた。
Copyright(c) Religious Information Research Center