(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *ホロコースト生存者の4人に1人が貧困
本文テキスト  ナチス・ドイツによるホロコーストの生存者で、イスラエルに移住した人々のうち、約24%にあたる約4万5千人が、政府が貧困ラインとする月3千シェケル(約9万6千円)以下の生活を送っている。ホロコースト生存者とは、強制収容所から生還した人、対ナチス・ドイツ抵抗運動に参加した人、旧ソ連に避難していた人々を指し、2015年時点でイスラエルには約18万9千人が暮らしている。うち7割が女性で、平均年齢は83歳。イスラエルには支援金制度があるが、移住した時期や強制収容所に入っていたかで額が大きく異なる。困窮者の割合は2014年と2015年を比べても悪化しており、政府は2014年、生存者向けの福祉予算を従来の30億シェケルから40億シェケルに引き上げた(読売8/11)。
Copyright(c) Religious Information Research Center