(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イエメン
記事タイトル *サヌア旧市街が危機遺産登録
本文テキスト  7月1日、ドイツのボンで開かれたユネスコ世界遺産委員会にて、「危機に瀕している世界遺産(危機遺産)」として、イエメンの首都サヌア旧市街と、同国東部の「シバームの旧城塞都市」を登録することが決まった。サヌアの旧市街は、石や日干しレンガでできた7〜8階建の建築群で、「世界最古の摩天楼」と呼ばれる。シバームの旧城塞都市も、16世紀以降に建てられた高層建築群(読売・夕7/3)。危機遺産は紛争や自然災害により重大な危険に直面している世界遺産を登録し、保全のために国際協力や財政支援を促すもの。2013年に内戦下シリアのパルミラ遺跡や古都アレッポなど4ヶ所が登録されている。7月の委員会では、イラクのハトラ遺跡も危機遺産に加えられることになった(東京・夕7/2ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center