(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆モンゴル
記事タイトル *モンゴル聖書協会が聖書協会世界連盟に加盟
本文テキスト  2003年に発足したモンゴル・ユニオン聖書協会は、「教派を超えてすべての教会に聖書を届ける」ことを使命とし、聖書翻訳の事業を進めてきた。総人口300万人ほどのモンゴル国内で年間2万6千冊の聖書を製作し、1万6千冊を頒布している(2014年度)。同協会が翻訳した「現代モンゴル語聖書」は英語など他言語からの翻訳で、聖書原典から翻訳されたものではなかった。14年から「モンゴル人による原典からのモンゴル語聖書翻訳」プロジェクトを開始し、28年までの完成を目指して翻訳作業が進められている。リーダーを務めるのは2013年にモンゴル国籍で初めての聖書学博士の学位を取得したガラム・バヤルジャルガル氏。同プロジェクトは「エキュメニカル」と「原典翻訳」という要件を満たしたとされ、2016年に聖書協会世界大会での承認を経て、聖書協会世界連盟(UBS)に正式に加盟するという(キリスト9/26)。
Copyright(c) Religious Information Research Center