(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆韓国
記事タイトル *バーン司教ら列福への動きが本格化
本文テキスト  8月19日、韓国の列福列聖司教特別委員会の委員長アン・ミョンオク司教(マサン教区)は特別談話を発表し、「近現代の信仰の証し人」81人について列福に向けたこれまでの経緯を説明、列福対象者の予備調査を行うことを明らかにした。また同委員会は「近現代の信仰の証し人」の名簿と写真を公開し、広く情報提供を呼びかけた。81人は主に南北分断と朝鮮戦争の時期に殺されるか行方不明になった信仰者らで、その中には京都使徒座知牧区の区長を務め、後に駐韓教皇庁使節になったパトリック・バーン司教(メリノール宣教会)も含まれる。
 米国人バーン司教(当時は神父)は1935年から日本で活動するが、その前は平壌周辺で宣教し、47年に朝鮮半島に移り、49年に教皇庁使節となり司教に叙階された。50年に北朝鮮軍に捕らえられ、150kmにわたる行進を強要される中、飢えと寒さで肺炎にかかり70歳で亡くなった(カトリック9/6)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center