(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *大逆事件連座の高木顕明の遺品から新資料
本文テキスト  大逆事件に連座させられ獄中で自死した真宗大谷派の僧侶、高木顕明の遺品のなかから、新たに日記や俳句、絵など約50点の自筆の資料が見つかった。約10年前に浄泉寺(和歌山県新宮市)に戻ってきたもので、2014年の百回忌より整理が進められている。同寺の山口範之住職は資料から「(高木が)人々との付き合いを大切にし、人間的にも楽しい時期があったことが分かり、私たちも救われた。そういう普通の人が戦争の流れに抗ったのだ」と<感慨深げ>に話した(31日付)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center