(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *121年間にわたる宗教界と戦争の関わりを検証
本文テキスト  安保法案が衆議院で強行可決され、<宗教界は再び「戦争のできる国」と批判される状況に向きあうことになるかもしれない>という認識のもと、中外日報は日清戦争(1894年)から51年間の戦前・戦中、終戦から現在までの70年間、計121年間にわたる宗教界と戦争の関係を検証し、8頁にわたる大年表を含む特別紙面を構成した。記事のごく一部を紹介する。教団は日清戦争時より「従軍布教」で兵士の戦意高揚に努め、1930年頃は軍と相互依存の関係となり、優秀な僧侶の派遣を要請されるようになった。神社界も海外進出を図り、海外神社の数は600社にのぼった。戦後は「戦争」から「平和」へ軸足を移すものの、戦争協力については<遅い反省>となり、日本の宗教界が懺悔や反省を表明するのは戦後50年を経た1995年頃が中心である(29日付、31日付)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center