(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *戦争体験、次世代への伝言として
本文テキスト  <日本を再び戦争のできる国にする恐れがある>新しい安保体制が構築されようとしているなか、「次世代への伝言」のタイトルで宗教界の長老的人物9人が戦争体験を非戦、反戦の立場から語るシリーズ。ごく一部を紹介する。日蓮宗元宗務総長の伊藤通明氏(91歳)は戦前の軍国教育を「人を殺すことを何とも思わないように洗脳されていた」と語り、友人らが戦地で自分たちが何をしたのかを語らないのは「人を殺したことが生涯負い目になっている」と忖度する(17日付)。曹洞宗長福寺東堂の吉村武雄氏(94歳)は中国で捕虜となった。「草という草を食べた。戦争ほどみじめなものはない」。収容所を脱走しようとして監視兵に銃殺された死体が、朝起きると幾つも転がっていたという(31日付。ほかに1日付、3日付、8日付、10日付、15日付、22日付、24日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center