(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *海外での慰霊や遺骨収集がピンチ
本文テキスト  戦後70年となり元日本兵の戦友会や日本遺族会の高齢化が進み海外での慰霊法要が減少。また旧日本兵の遺骨も各国にいまだに残されている。そうした現況について。サイパン島には約45基の民間慰霊碑があるが<今ではナイロン袋などのゴミが散乱し、卒塔婆が乱雑に積み上がっている>。同島で念法真教が5月に9回目の慰霊法要を営んだが、こうした法要は現地の人にとっても戦争の記憶をとどめる行事になっている。ガダルカナル島にはまだ約6千体の旧日本兵の遺骨が残されている。遺骨収集を続ける僧侶は「取り組みを若者にどのように引き継いでいくかが課題」という。ミャンマーでは4万6千体の遺骨が未帰還のまま。厚生労働省の担当者は従来の戦友や住民からの報告が少なくなり、日本の僧による調査情報を例にその大切さを指摘する。シベリアやモンゴルで慰霊法要を続けてきた慰霊団体は僧である団長が高齢のため引退し、若い人に引き継ごうとしたが、個人では金銭面の負担も大きく団員を集めるのも大変で活動は止まったままである(22日付)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center