(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *50回目の「8・14式典」に向け各種取り組み
本文テキスト  新日本宗教団体連合会(新宗連)は毎年8月14日に東京の千鳥ヶ淵戦没者墓苑で開催している「8・14式典(戦争犠牲者慰霊及びに平和祈願式典)」が50回を迎えるにあたり、それに向け各種の取り組みを行った。6月25日には第28回教団人セミナーが立正佼成会法輪閣で平和推進事業の一環として開催され、朝日新聞特別編集委員の星浩氏が「慰霊と平和を考える」のテーマで集団的自衛権などについて講演した。なお星氏は、8・14式典で「諸宗教者が教義の違いを超え、共に祈る姿に『多様性(ダイバーシティ)』が尊重されていると感じた」と述べ、政治にとっても多様性の尊重は、マイノリティが住みやすい社会を形成することができると語った。
 新宗連青年会は7月4〜5日に広島で「ユースフォーラム2015」を開催したが、その終了後に「8・14式典」の献灯の火に用いるために同市平和記念公園の「平和の灯」からの採火式を行った。採火された種火はカイロにて東京まで所持され、ランタンに灯して妙智会教団本部に預けられた。同フォーラムでは平和記念資料館や慰霊碑巡りを行い、被爆体験語り部の講演を開いた。
 また新宗連は全国の総支部・協議会において、新宗連活動の原点と歴史を学ぶ「平和学習会」を6〜7月にかけて開催している。
Copyright(c) Religious Information Research Center