(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *宗教教誨シンポジウム 死刑制度に疑問も
本文テキスト  龍谷大学矯正・保護総合センターは7月11日にシンポジウム「宗教教誨の現在と未来―日本人の宗教意識」を開催し、本願寺派の大谷光真前門も登壇した。第1部の「科学の時代における宗教の役割―矯正・保護と宗教活動」において大谷前門は凶悪犯罪が減少傾向にあることについて「警察や法律の力だけではない。もっと別のものがある」と、日本人の宗教心や道徳心を示唆した。第2部は「犯罪と宗教教誨」、第3部は意見交換が行われ、大谷前門は、「五戒の1番目に不殺生戒がある。経典を見ると、奪人命戒との表現も出てくる。経典には相手のことは出てこない。相手が善人・悪人ということではなくて、人の命を奪ってはいけない戒めと、私は解釈している」と死刑に疑問を呈した(23・30日合併号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center