(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年7月-9月
号数 68
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *リスクマネジメントを通じての広報を研修
本文テキスト  全日本仏教会広報委員会は7月7日に東京の大和証券本社で苦情や不祥事への対応、リスクマネジメントを通じての広報についての研修会を行った。大和証券の佐藤泰之氏は6月に起きた本願寺派僧侶の殺人容疑での逮捕時の宗派の対応について解説。責任者である宗務総長が迅速にコメントを発表し、速やかに式典の延期を決定したことに対して高く評価した。また監査法人トーマツの鈴木孝明氏は「リスクマネジメントを通じて考える広報の役割」と題し、「広報は単なる宣伝ではない」と講義した(16日付)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center