(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *教科書の宗派、宗祖記述問題の動き
本文テキスト  教科書の中における宗祖や宗派の記述が不適切であるとの問題提起が浄土宗や真言宗豊山派で行われ、第一学習社の高校倫理2015年度版は記述を次のように変更した。「親鸞は、師の法然の教えを継承し発展させた」→「継承しつつも、独自の道を歩むことになった」。両教団とも教科書に関する研究班を立ち上げ、調査を深めている。『教科書の中の宗教』の著作がある藤原聖子・東京大学准教授は是正を提示するにしても特定教団の利益のためと受け取られないよう、「むしろ仏教界全体として内部で調整し、見直す方向性を示す副教材を作ってはどうか」と提案している(24日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center