(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *沖縄へ平和使節団 今回は「第50回8・14式典」への一環
本文テキスト  新宗連及び同青年会連盟は5月25〜28日に「終戦70年―平和への巡礼・第7回沖縄慰霊平和使節団」を派遣した。同使節団は青年会連盟が2008年から平和プログラムとして毎年派遣しているが、今回は「第50回8・14式典―平和推進事業」の一環として新宗連と合同で実施したもの。25日の結団式では元新宗連青年会委員長の深田充啓新宗連名誉会長が、1969〜1973年まで実施した「沖縄問題研究セミナー」が沖縄との原点であると語った。使節団は各地慰霊塔などを巡った。28日はパーフェクトリバティー教団教校長の板垣愛子氏(87)が同行。板垣氏は沖縄戦海軍司令官だった大田實中将の娘で、旧海軍司令部壕などで説明を行った。
Copyright(c) Religious Information Research Center