(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *教派神道連合会が結成120周年
本文テキスト  教派神道連合会(教派連)は結成120周年を迎え、6月11日に国学院大学で記念式典、記念講演、祝賀会を開催した。教派連は明治18年ごろから毎月11日に参集して皇居の賢所を揺拝したのが始まりで、明治28年に5教派が神道同志会を結成した。参列した<彬子女王殿下>は「神社神道と教派神道は分かれておりますが、皇室を尊び国家を愛し、国民精神の善導に努めるところは同一とうかがっております」と式典で述べた。教派連の芳村正徳理事長(神習教教主)は「加盟教派が相互に協調し」「民衆神道の担い手として心を新たにして参りたい」と語った。記念講演は井上順孝・同大学教授が行い、グローバル化の流れのなかで、伝統と新しい価値の提示という課題に、いかに応えるのかと論じた。現在の教派連に加盟しているのは以下の12教団。神道大教、黒住教、神道修成派、出雲大社教、神道扶桑教、実行教、神習教、御嶽教、禊教、神理教、金光教、大本(25日付。新宗教新聞、中外日報6月17日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center