(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *「宗教と社会」学会大会 戦後宗教の平和主義やポストオウム研究の課題がテーマに
本文テキスト  「宗教と社会」学会が6月13〜14日に東京大学で開かれ、仏教タイムス紙は2つのテーマセッションを紹介。「戦後70年の宗教と社会」では平和主義が話題に浮上。中野毅氏(創価大学)は次のように発表。創価学会は非暴力抵抗主義、公明党は非暴力抵抗主義から暴力的抵抗主義に変化した。「したがって今のような立ち位置は必然的に出てくるかな、と思う」。発表はほかに島薗進氏(上智大学)「国家神道の復興と公共空間」、小島毅氏(東京大学)「靖国神社についての語り」など(18日付。中外日報19日付に同類記事)。「ポストオウム研究の課題と展望―地下鉄サリン事件20年の地点から」では、塚田穂高氏(国学院大学)が研究者はどう宗教と向き合うべきか、研究者が宗教教団に利用される恐れの問題などを提起し、調査方法論を含めた問題意識の共有を呼びかけた(25日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center