(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *神政連 安倍政権下、改憲運動の喜び
本文テキスト  神道政治連盟(神政連・長曽我部延昭会長)は6月2〜4日に東京で中央委員会などの諸会合を開いた。3日は神政連及び同国会議員懇談会との結成45周年合同祝賀会が開催された。来賓の安倍晋三内閣総理大臣は、皇室の中心性と「(神への)畏れから謙虚な心を育んできた日本の精神を大切にしていきたい」と祝辞を述べた。長曽我部会長は民主党政権時代を「憲法改正が遠のき、皇室への不敬な発言」、領土問題など激動の時代だったとし、現在の安倍政権のもとで改憲運動が進められていることの喜びを語った。祝辞を述べた来賓は以下の通り。神社本庁統理(代理・田中恆清総長)、神宮大宮司(代理・亀田幸弘禰宜)、徳川康久靖国神社宮司、山谷えり子国家公安委員長、下村博文文部科学大臣。なお4日の中央委員会では次の活動方針が承認された。安倍首相の終戦70年談話に関する動向の注視、靖国・護国神社への参拝勧奨、憲法改正の啓発活動推進、改正教育基本法の目的に沿った中学歴史・公民教科書の普及拡大(15日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center