(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *ネパール大地震被災に日本宗教界が支援
本文テキスト  ネパールで4月25日に大地震が起き首都カトマンズの世界遺産も倒壊し、死者は8千人以上といわれる。日本の各宗教団体はただちに支援に乗り出した。記事からピックアップする。カトマンズ本願寺を置く浄土真宗本願寺は3人を派遣し、現地の開教事務所に300万円を届けた。真如苑は2人を派遣し、カトマンズで現地信徒を中心にボランティアグループ「SeRVネパール」を結成し、NPO、国連機関等へ総額5,500万円の拠出を決定した。すでに救急車と2千万円を寄付している。立正佼成会は600万円の緊急支援金を国連機関に寄付した。シャンティ国連ボランティア会は3人を派遣し、支援が手薄な山岳地帯などを調査し、緊急支援物資を届けた。キリスト教系の神戸国際支援機構は4人を派遣し、被差別階層への支援に力を注ぐ。以下、記事に出た団体名をあげる。RNN人道援助宗教NGOネットワーク、天台宗、浄土宗、アーユス、創価学会、霊友会(8日付、13日付、15日付、22日付、29日付。仏教タイムス30日・5月7日合併号。なおキリスト教界の支援についてはキリスト新聞9日付、カトリック新聞10日付、クリスチャン新聞10日付及び24日付に記事あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center