(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *プラム・ヴィレッジ僧侶団が来日
本文テキスト  仏教瞑想を基盤とした瞑想を広めたベトナム人僧のティック・ナット・ハン氏を中心とするプラム・ヴィレッジ僧侶が来日した(ハン氏は病気のため来日できず)。4月11日に東京のグランドホテルで全国曹洞宗青年会は、「プラム・ヴィレッジの高僧30名VS日本の青年僧100名対話会」を行い、解脱や修行をテーマにしたグループディスカッションを行った。日本側からは他宗も含め150人が参加した(21日付)。4月29日は東京の文京シビックセンターで僧侶団がマインドフルネス瞑想の実践法を説明し、蓑輪顕量・東京大学教授が「(ベトナム仏教は)大乗、上座部の両方の良いところを併せ持つ僧侶団と思う」と解説した。また曹洞宗の青山俊薫・愛知専門尼僧堂長が歓迎の挨拶を行った(28日付。関連として21日付にプラム・ヴィレッジの僧侶らによる東京・原宿での街頭パフォーマンス「瞑想フラッシュモブ」の記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center