(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *原発テーマに8ヶ国から参加者
本文テキスト  仏教社会活動家による協同体であるザ・ジャパン・ネットワーク・オブ・エンゲージド・ブッディスツ(JNEB、ジョナサン・ワッツ代表)は4月25日に東洋大学で原発問題をテーマに、交流会「持続可能な『少欲知足』社会へ」を開催し、米韓印、ミャンマー、スリランカ、タイ、バングラデシュ、日本の8ヶ国から参加者約40人が参加した。インドのゴータマ・プラブー・ナガパン氏はクーダンクラム原発は半径30km以内に100万人が住んでいる現状を報告し、反原発運動では仏教徒やカトリック信徒が目立つと語った。分科会のテーマは「先進国から途上国への原発輸出」「価値観の転換と仏教」など4つ(4月30日・5月7日合併号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center