(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *南三陸町防災対策庁舎、保存に向けて議論
本文テキスト  東日本大震災の津波で43人が犠牲となった宮城県南三陸町の防災対策庁舎の保存をめぐって、意見の調整が行われている。庁舎については、一部の遺族から「見るのがつらい」との声があがり、町が2011年9月に解体の方針を示していた。しかし、村井嘉浩宮城県知事は庁舎を2031年まで県有化し保存する案を1月に佐藤仁町長に提案。自らも庁舎で津波に襲われた町長は、保存について「非常に複雑」と語った。住民の間でも、保存か解体かをめぐって意見がわかれていることから、町は4月1日からパブリックコメントを始めた。また、県知事と遺族の会談が予定されるなど、地元での本格的な議論が始まる(朝日・東京4/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center