(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ロシア
記事タイトル *正教会がオペラを不道徳と批判、上演中止に
本文テキスト  2014年末から西シベリアの国立劇場で上演されたワーグナーのオペラ「タンホイザー」に、不道徳的な表現があるとして正教会や関連団体が激しい抗議を行った。作品は現代風にアレンジされており、劇中で十字架に見立てた裸の女性の脚にキリストが架けられている図像が掲示され、キリストが「禁断の地」にいるとする台詞があるという。同国では2013年に「信仰心の侮辱」を禁じる新法が発効しており、劇場監督や制作者が検察に訴追された。文化省も「伝統的価値観に対する不敬」を理由に制作者に作品の修正や謝罪を要求、劇場支配人が解任され、上演は中止された。経済紙『ベドモスチ』は、かつて共産党が行っていた検閲を代わりに正教会が行っているとの批判を掲載した(産経4/3)。
Copyright(c) Religious Information Research Center