(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆レバノン
記事タイトル *モザイク国家舞台のドキュメンタリー
本文テキスト  イスラム教スンニ派とシーア派、キリスト教マロン派など、計18の公認宗教が存在するモザイク国家レバノンを舞台とし、宗派対立による内戦の過去や社会の多様性に向き合う人々を追ったドキュメンタリー映画「明日になれば」が制作された。映画は、無宗教を公言して活動する男性歌手や異宗派結婚した女性芸術家など10人に焦点をあてる内容で、監督の梅若ソラヤさん自身もレバノン人の母と日本人の父を持つ。楽観と不安を含む「明日になれば」のタイトルに、争いを乗り越えようとし続ける人々の営みへの希望を込めた。映画は、5月28日に映画館アップリンク(渋谷区)で封切られた(朝日5/27)。
Copyright(c) Religious Information Research Center