(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆モロッコ
記事タイトル *スペイン飛び地への入域者急増
本文テキスト  アフリカ諸国の政情不安やシリア内戦の影響もあり、欧州への不法入域者が2014年の2.5倍にのぼっている。モロッコに隣接するスペインの飛び地、セウタ、メリリャを介しての不法入国も7,500人に倍増した。メリリャは2005年から高さ7m、三重のフェンスを設置しているが、年間約2千人がフェンスを越えてスペイン領に侵入するという。スペイン政府は4月、現場当局者が不法入国者を国外追放できるよう法改正を行ったが、国連難民高等弁務官側は、難民の権利を損ねかねないと批判。メリリャはイスラム教徒が4割を占めるため、スペイン政府は飛び地からの過激派の侵入に神経を尖らせている(産経4/30)。
Copyright(c) Religious Information Research Center