(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆パレスチナ
記事タイトル *ガザで若者の「イスラム国」支持拡大か
本文テキスト  2014年夏以降イスラエルによる封鎖が続くパレスチナ自治区ガザで、「イスラム国」支持者が増えているという調査結果を、パレスチナ政策調査センターが4月に発表した。調査はハマスが実効支配するガザとパレスチナ自治政府が統治するヨルダン川西岸の両地区で行われ、ガザでは支持率13%、西岸では5%と差が開いた。同センターは、封鎖による人や物資の移動制限下で生活が厳しいガザの状況が、若者の「イスラム国」受容の背景となっていると指摘。「イスラム国」支持者の言動に神経を尖らせるハマスは、若者との対話集会などの取り組みに着手している(毎日6/4)。
Copyright(c) Religious Information Research Center