(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆ミャンマー
記事タイトル *多文化の歴史刻む街並み保存運動
本文テキスト  都市再開発が進む最大都市ヤンゴンで、英植民地期(19〜20世紀初頭)の近代建築を保存する活動が行われている。英領インドと東南アジアの中間地点として栄え、コスモポリスだったヤンゴンには、アルメニア人教会、インド系イスラム教徒のモスク、ヒンドゥー寺院、パゴダ(仏塔)といった宗教建築に加え、ユダヤ系商人が建てたイタリア風建築や植民地政庁の公共施設など、多様な文化・宗教の影響を受けた街並みが残る。運動の旗振り役となっているのは、歴史家や建築家らにより2012年に設立されたNPOの「ヤンゴン・ヘリテージ・トラスト(YHT)」。YHTは、特定の建物だけでなく、英領期の住宅や商店を含めて街全体の景観を維持する取り組みを行っているという(日経4/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center