(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆ベトナム
記事タイトル *ベトナム戦争終結40年、歴史伝える取組み
本文テキスト  4月30日、ホーチミン市でベトナム戦争終結から40周年を記念する式典が開催され、政府・軍関係者と国内外からの招待客約6千人が出席した。1975年の南ベトナムの首都サイゴン(現ホーチミン市)陥落による戦争終結までに、約300万人のベトナム人が命を落としたとされるが、1990年代以降の急速な経済発展を背景に、戦争の記憶は風化しつつあるという。サイゴン大統領府に突入した元ベトナム軍将兵は、「戦争で悔しく、悲しい思いを繰り返したことを次世代に伝えないと」と、若者との集会に参加。一方、ベトナム戦争体験記を2013年に出版した作家のグエン・ヒウ・タイ氏は、勝利しか教えない公式の歴史観に対し、「ベトナム人が苦しんで犠牲を払いながらも、独立を達成」した意味を問うべきと訴えた(日経5/1ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center