(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆カンボジア
記事タイトル *10世紀のハヌマーン像、40年ぶりに戻る
本文テキスト  内戦中の1970年前後に盗まれ、タイや欧州を経て米国の美術館が収蔵していた彫像が、5月12日、カンボジアに正式に返還された。彫像は胴体が人、頭部が猿というヒンドゥー教の神「ハヌマーン」像で、北部プレアビヒア州の重要遺跡コー・ケー遺跡群から盗まれていた。1982年から彫像を保管していた米オハイオ州クリーブランドの美術館と、カンボジア政府が返還協議で合意したもの。カンボジア内戦期には文化財が多数流出し、これまで約60点が返還されている(東京5/13)。
Copyright(c) Religious Information Research Center