(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆カンボジア
記事タイトル *アンコールワット周辺で地盤沈下の懸念
本文テキスト  2014年の1年間で約500万人の観光客が訪れたシエムリアプのアンコールワットで、無秩序な地下水の取水による地盤沈下が懸念されている。アンコールワット西方に位置する東西8km、南北2kmの巨大なバライ(貯水池)では、観光客向けの宿泊・商業施設が激増した2000年代に水位が目に見えて低下。遺跡の修復・保存の専門家は「これまで経験のない問題」と、地盤沈下による遺跡崩落に警鐘を鳴らしている。観光客は毎年15%増加しているが、アンコールワットへの入場制限の検討も始まった(SANKEI EXPRESS5/8)。
Copyright(c) Religious Information Research Center