(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年4月-6月
号数 67
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆オーストラリア
記事タイトル *シドニー湾攻撃と輸送船沈没犠牲者の追悼
本文テキスト  旧日本軍のシドニー湾攻撃から73年を迎え、日豪双方の犠牲者の追悼式典が6月1日に豪政府主催で行われた。会場となったのは、攻撃地点に近いガーデンアイランドのクッタバル基地。日本側からは、シドニーの日本総領事らが参列し、シドニー日本人学校の生徒らが死亡した日本人6人の名前を読み上げた。この攻撃は1942年5月31日にシドニー湾に侵入した2人乗り潜航艇3隻によってなされたもので、豪軍艦の21人が死亡した。3隻のうち2隻は引き上げられ、首都キャンベラにある豪戦争記念館に展示されている(東京・夕6/1ほか)。
 6月28日には首都キャンベラで、太平洋戦争中に日本軍の捕虜になったオーストラリア人らを乗せた輸送船「もんてびでお丸」が沈没し、オーストラリア人の兵士や民間人ら1千人以上が死亡した事件の慰霊祭が行われた。「もんてびでお丸」は捕虜運搬の印を付けず、中国の海南島へ向かう途中、米潜水艦の攻撃で沈没した。沈没は終戦まで公表されず、詳細は現在も不明のまま。事件から70年の2012年に遺族や退役軍人が中心となってキャンベラにある戦争記念館の敷地内に「ラバウル・もんてびでお丸慰霊碑」が建てられた(朝日・夕6/29)。
Copyright(c) Religious Information Research Center