(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年9月-11月
号数 17
媒体 国外
大分類 【7. 北米・南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *9.11:米中枢同時多発テロ一周年
本文テキスト  米中枢同時多発テロから一周年を迎えた9月11日、全米250都市で追悼式典が行われ、米政府は首都ワシントン周辺に、40年前のキューバ危機以来となるミサイルを実戦配備して、厳戒態勢となった。また、米国内100カ所の原子力発電施設にも治安の強化が指示された。ブッシュ大統領が死去した際に後任となるチェイニー副大統領は秘密の場所に移り、式典などには参加せず不測の事態に備えた。ニューヨーク貿易センタービルの崩壊現場「グラウンド・ゼロ」では、最初の乗っ取り機のアメリカン航空11便がビル北棟に突入した11日午前8時46分から、数千人の遺族らが出席して追悼式典を開催した。ブッシュ大統領はテロのもう一つの現場となったワシントン郊外の国防総省での追悼式典に出席した。また、ワシントンのナショナル・カテドラルでも追悼イベントがおこなわれた(報知 09/12ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center