(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年9月-11月
号数 17
媒体 国外
大分類 【6. EU諸国・西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆9.11:米中枢同時多発テロ一周年<声明>
記事タイトル *EU「遺族へ改めて弔意」・教皇「テロ正当化できない」
本文テキスト  EUは11日、遺族への弔意を改めて表明した上で、その結果生まれた対テロの国際協調は維持されるべきという声明を発表した。これはイラク問題で米政権に対し「国際協調」の枠組みでの対処を求めたものとも言える(読売夕 09/11)。また同日、ローマ教皇は特別一般謁見で「テロを正当化することはできない」と強調し、全ての宗教の信者が、暴力を拒絶し、紛争解決のために対話へ向かうよう神に助けを願うアラビア語の祈願文を捧げた。また公表されたテキストにはなかったが、テロリストのためにも神の憐れみと赦し乞う祈りをポーランド語で行った(カトリック 09/22)。
Copyright(c) Religious Information Research Center