(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ドイツ
記事タイトル *ヒトラー自殺の地下壕再現で物議
本文テキスト  西部のオーバーハウゼンにあるスパイ博物館「トップシークレット」が、2015年夏、ヒトラーが自殺したベルリンの総統地下壕の再現展示を企画していることが明らかになった。博物館は教育目的とするが、専門家はネオナチの聖地になることを警戒する。英歴史学者のアントニー・ビーバー氏は、『デーリー・テレグラフ』紙上で「強制収容所をテーマパークにするのと同様に良心に反している」と批判。観光客を呼ぶのが目的では、と疑義を呈した(東京3/1)。
Copyright(c) Religious Information Research Center