(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆デンマーク
記事タイトル *過激化した若者を支える社会
本文テキスト  2月に首都コペンハーゲンで過激化した若者によるテロが発生した同国では、3月、情報収集や監視体制を強めるテロ対策制度が導入された。同時に、同国が重視してきた寛容や包摂の精神も忘れない。デンマーク第2の都市オーフスでは、市当局と警察がシリアなどの戦闘地から帰国した若者に対し、カウンセリングで洗脳を解きながら、教育や生活を支援するプログラムを2013年に導入した。イスラム原理主義系のモスクにも協力を迫り、若者の様子について定期的に情報交換を行う。モスクの指導者は、「社会の一員として若者の命に責任がある」とこれに応じ、2014年にシリアに渡航する若者を1人に留めた(前年は30人)。地元警察は、過激化した若者を排除せず、社会に戻す方針をこれからも貫くとしている(東京3/13)。
Copyright(c) Religious Information Research Center