(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【5. アフリカ】
小分類(国名等) ◆ソマリア
記事タイトル *頻発するアルシャバブのテロ
本文テキスト  1月4日、首都モガディシオで爆発物を積んだ車が他の車に突っ込む自爆テロが発生、大爆発が起き、市民4人が死亡し、負傷者も出た。アルシャバブは親米勢力を狙った攻撃であると声明を出した(読売1/6ほか)。
 2月20日にはモガディシオのホテル入口で自爆テロが発生、モガディシオの副市長や国会議員を含む25人が死亡し、副首相らもけがをした。アルシャバブがホテルにいた政府関係者を狙ったものであるという犯行声明を出した(東京2/21ほか)。
 3月27日にもモガディシオのホテルが武装集団に襲撃され、占拠された。28日までに治安部隊が奪還したが、政府関係者を含む利用者のうち少なくとも17人が死亡した。アルシャバブの報道官は政府関係者を標的とした攻撃であるとの犯行声明を出した(東京3/29ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center