(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆パレスチナ
記事タイトル *パリ行進へのアッバス議長参加に賛否
本文テキスト  パレスチナ自治政府のアッバス議長が、フランスでの連続テロに抗議するパリ行進に参加し、イスラエルのネタニヤフ首相と腕を組んで歩いたことに対し、パレスチナ社会では賛否が分かれた。アッバス議長が所属するファタハのメンバーらは、フランスのパレスチナ支援に対する謝意を示すものとして行進参加に理解を示している。2014年12月末、フランス議会はパレスチナの国家承認を求める決議を採択した。また、イスラエルのパレスチナ領撤退を求める国連安保理での決議案にも、フランスは賛成票を投じていた。一方、ガザを実効支配するハマスはネタニヤフ首相と腕を組んだことを問題視し、自国民に対して連帯すべきと苦言を呈した。
 アッバス議長は朝日新聞の取材に答え、行進に参加した理由をテロへの反対を示すためと述べた。一方、風刺画の再掲載については遺憾の意を表明し、「ムハンマドもキリストも侮辱すべきではない」と表現の自由への制約を肯定する立場を示した(朝日1/20)。
Copyright(c) Religious Information Research Center