(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆パレスチナ
記事タイトル *国際刑事裁でイスラエル訴追目指す動き
本文テキスト  12月31日、パレスチナ自治政府のアッバス議長は国際刑事裁判所(ICC)設立条約に署名し、ICC加盟への申請手続きを開始した。申請は初めてではなく、2012年4月にはパレスチナが国家でないため加盟要件を満たさないとして却下されていた。その後パレスチナの地位が国連で「オブザーバー国家」に格上げされていることから、解釈が変わる可能性がある。加盟後はイスラエルによるパレスチナ占領やユダヤ人入植地の建設などを戦争犯罪として訴追したい考え(毎日1/3)。加盟申請を受けてICCは1月16日に、2014年夏にガザ地区を実効支配するハマスとイスラエルとの間で行われた戦闘などの予備捜査に着手した。捜査は戦闘を行ったハマスにも及ぶが、ハマスは捜査を受け入れる模様。ただし、ICCに加盟していないイスラエルの起訴は実質的に困難とみられる(毎日1/19ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center