(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆エジプト
記事タイトル *アラブ合同軍の創設決定
本文テキスト  3月29日、東部シャルムエルシェイクで開催されたアラブ連盟による定例首脳会議にて「アラブ合同軍」創設を定めた共同声明が発表された。合同軍の創設はシリア、リビアで勢力を拡大する「イスラム国」を念頭に、エジプトのシシ大統領が提唱したものだが、会議では「イスラム国」に加えてイエメン情勢も喫緊の問題として議論された。合同軍はアラブ連盟発足後、初めての試みで、参加の是非は各国に委ねられるという。イエメンのシーア派反政府勢力「フシ」に対し、エジプト、サウジアラビアなどのスンニ派各国は、空爆作戦を支持しているが、国内に多くのシーア派国民を有するイラクは声明採択を棄権。アラブ合同軍の運用をめぐってアラブ諸国のスンニ派とシーア派の宗派対立が鮮明となった(読売3/30ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center