(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆エジプト
記事タイトル *リビア「イスラム国」の人質殺害に対する報復空爆
本文テキスト  2月15日、「イスラム国」はリビアで人質にしていたエジプト人コプト教徒21人を殺害する映像をインターネット上で公開した。コプト教徒らはエジプトからの出稼ぎ労働者で、2014年12月から翌1月にかけて誘拐されたとみられている。ビデオのなかで「イスラム国」戦闘員はオレンジ色の服を着た人質を殺害し、英語で「十字軍に平安な場所などない」と述べた(毎日2/16ほか)。これに対し、コプト教会とスンニ派最高権威機関アズハルは強い非難声明を出している(朝日2/16)。エジプト軍は16日、人質殺害への報復としてリビア国内の「イスラム国」訓練施設、武器庫を空爆。「イスラム国」側の戦闘員約50人が死亡したという(朝日2/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center