(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イエメン
記事タイトル *シーア派系武装組織「フシ」のクーデターで域内宗派抗争の可能性
本文テキスト  ハディ暫定大統領(以下、大統領)の下で新憲法の制定が進められていたイエメンで、連邦制導入に反対していたシーア派系ザイド派の武装組織「フシ」が首都サヌアの政府機関などを武力で制圧し、実権を握った。「フシ」は1月19日から大統領官邸や首相官邸、テレビ局などを攻撃・制圧し、さらなる武力行使の可能性を示唆して政府要職の割り当てや憲法草案の修正を要求。軟禁状態に陥った大統領は辞意を表明し、2月6日には「フシ」主導で国会解散と暫定政府の設立が宣言された(朝日2/8ほか)。
 シーア派系組織による事実上のクーデターに対し、スンニ派地域の南部タイズでは数千人規模の抗議デモが行われた。大統領は2月21日に出身地アデンに脱出し、中東の衛星放送局アルジャジーラを通じて辞意を撤回、アデンを首都と宣言した(東京3/9ほか)。大統領はサウジによる軍事介入を求め、3月25日には湾岸諸国などスンニ派主導の10ヶ国がサヌアへの空爆を開始した。他方、シーア派大国であるイランは「フシ」主導の「イエメン政府」支援に乗り出しており、クーデターは近隣諸国を巻き込んだ宗派間抗争に発展しつつある(毎日3/27ほか)。
 政情不安が続くイエメンはAQAPなどアルカイダ系組織の拠点となってきたが、3月20日にはサヌアで「フシ」幹部を狙った自爆テロが起き、「イスラム国」が犯行声明を出した。混乱に乗じて「イスラム国」も進出を始めた可能性が指摘されている(SANKEI EXPRESS3/22ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center