(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆アフガニスタン
記事タイトル *交戦拡大で民間人死傷者数が過去最多を記録
本文テキスト  国連アフガニスタン支援派遣団(UNAMA)は2月18日に2014年に戦闘などに巻き込まれた国内の民間人の死亡・負傷者数を発表した。死亡者数は、前年比の25%増の3,699人に上り、統計を取り始めた2009年以来最多となった。負傷者数は6,849人で、死者・負傷者の合計も前年を22%上回り、2009年以来初めて1万人を超えた。また、地上での戦闘に直接巻き込まれたケースが前年の1.5倍に増加し、路肩などに仕掛けられた爆発装置による間接被害を初めて上回るなど、国内での交戦の頻度・規模の拡大が浮き彫りになった。なお、発表では、民間人被害のうち72%がタリバンなど反政府武装勢力によるものとされた(赤旗2/20ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center