(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆スリランカ
記事タイトル *ローマ教皇訪問で「平和外交」強調
本文テキスト  ローマ教皇フランシスコが、1月13〜15日の日程でスリランカを訪問した。ローマ教皇のアジア訪問は2014年の訪韓に続き2年連続となるが、スリランカ訪問は1995年のヨハネ・パウロ2世以来の20年ぶりとなる。スリランカは、ヒンドゥー教徒が中心の少数派民族タミル人による分離独立運動に伴う内戦を経験したこともあり、教皇は滞在中、宗教・民族間の融和を強調する「平和外交」を展開した。13日には、仏教、イスラム教など4宗教の指導者との対談で、「宗教的信念が悪用され暴力の理由とされてはならない」と語り、宗教に基づくテロを批判。14日には内戦の際の激戦地であった同国北部のマドゥーを訪問し、タミル人と仏教徒が中心の多数派民族シンハラ人の和解を促すなど、民族・宗教間の「共存」を強調した。また同日、最大都市であるコロンボでは、信者ら50万人以上を前にミサを行った。ミサでは、17〜18世紀の宣教師ジョセフ・バスを「聖人」とする列聖式も開催された(毎日1/15ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center