(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆ミャンマー
記事タイトル *仏像にヘッドホンで宗教侮辱、有罪判決
本文テキスト  ヘッドホンをつけた仏像のイラストを使ってバーの宣伝をしたことが宗教侮辱罪にあたるとして逮捕されていたニュージーランド人経営者1人とビルマ人2人に対し、ヤンゴンの裁判所は懲役2年6ヶ月の有罪判決を下した。イラストは2014年12月にフェイスブックに掲載され、直後から仏教僧らが抗議デモを行っていた。インターネット上では「ミャンマーは寛容な仏教国ではなかったのか」と判決を疑問視する意見がでる一方、国内にはより重い罰を求める主張もあるという。2014年には、仏像を模した入れ墨を問題視してスペイン人やカナダ人の観光客を強制送還する措置もとられている。2015年後半に行われる総選挙に向け、政権が宗教事件を政治利用しているとの指摘もある(毎日3/20ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center