(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆マレーシア
記事タイトル *アンワル元首相、「同性愛行為」で収監
本文テキスト  2月10日、連邦裁判所(最高裁)は、同性愛行為の罪に問われた野党指導者アンワル・イブラヒム元副首相(67)に対して禁固5年の有罪判決を下し、アンワル氏は即日収監された。マレーシアでは、同性愛を禁止する英植民地期の刑法規定が維持されている。アンワル氏は「政治的意図によるでっちあげ」として判決を批判しており、米国や国際人権団体も司法の独立性への信頼を損なうとして失望を表明した。
 学生イスラム運動の指導者だったアンワル氏は政界入りした後、マハティール首相(当時)の下で副首相を務めるなど、将来の首相候補と目されていた。1998年にマハティール首相との対立が表面化すると、職権濫用と同性愛の容疑で逮捕された。職権濫用罪で約6年間服役したが、同性愛については2004年の連邦裁判決で無罪となり、野党指導者として政界復帰した。しかし、2008年7月には別の同性愛行為で起訴され、2014年3月に控訴審で有罪判決を受けていた(朝日2/11ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center