(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆フィリピン
記事タイトル *交戦でミンダナオ和平手続きが停止
本文テキスト  1月25日、南部ミンダナオでイスラム武装組織「モロ・イスラム解放戦線(MILF)」とフィリピン警察部隊とが交戦し、警察官44人、市民5人、MILF側18人が死亡した。MILFとフィリピン政府は2013年3月以降、イスラム教徒住民らによる自治政府を設立する準備を進めていたが、警察側に多数の死者がでたことで世論が硬化し、フィリピン議会は自治政府発足のためのバンサモロ基本法案の審議を中断した。
 政府は、警察部隊が「ジェマ・イスラミア」の幹部逮捕のためにMILF支配地域に入り、MILFの警備隊と遭遇したもので、衝突は偶発的に起こったと説明。政府、MILFともに和平推進の姿勢を変えていないが、アキノ大統領の任期(2016年6月まで)中に自治政府を設立するために必須とされていた2015年3月中の法案可決が不可能となり、和平の先行きは不透明になった(東京3/29ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center