(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆フィリピン
記事タイトル *教皇訪問に熱狂、暗殺計画も
本文テキスト  アジア歴訪中のローマ教皇が1月16〜19日の4日間、アジア最大のカトリック国フィリピンを訪問した。教皇は17日、2013年11月の台風30号で被害が集中したレイテ島タクロバンで野外ミサを行い、雨の中約15万人が参加した。18日に首都マニラで行われた野外ミサも雨天決行となったが、約600万人が公園や沿道に詰めかけた。ローマ教皇のフィリピン訪問は1995年のヨハネ・パウロ2世の訪問以来20年ぶりで、フィリピンは教皇の滞在日程を祝日とするなど熱狂的なムードに包まれた(産経1/19ほか)。
 後日、1月26日付の地元紙『フィリピン・スター』(電子版)が、イスラム過激派組織「ジェマ・イスラミア」の幹部ズルキフリ・ビン・ヒル容疑者らがローマ教皇の車列や野外ミサを狙った複数回の爆弾テロを計画し、人波に阻まれて失敗していたと報じた。同容疑者は2002年にインドネシアのバリ島で202人が死亡した爆弾テロ事件に関与し、フィリピンに潜伏中とみられていたが、1月25日に起きたフィリピン警察部隊との銃撃戦で死亡が伝えられた(毎日1/27)。
Copyright(c) Religious Information Research Center